前へ
次へ

もしもあのトランペットが吹ける様になっていたら

二十代の頃、何か楽器が出来るようになりたくって、手ごろに手に入りそうな楽器をあれこれ探していました。そして、ついに見つけたのが通販で買えるトランペットでした。しかも、本体だけではなくシリンダーを押さえる指使いや、演奏のコツなどが丁寧に書かれた教本とカセットテープも付録で付いていると云う事で、これなら吹ける様になると確信して、産まれて初めて自らの意思で楽器を取り寄せてみました。その頃は、まだパソコンも普及する前で、通販の情報もテレビか雑誌が情報源でした。そして、ついに憧れのトランペットが届いたのです。一万円くらいだったと記憶していますが、ピカピカで、黒いハードケースに入っていて、なかなか本格的です。早速、教本を取り出してふむふむ。カセットを聞いてなるほどと納得して、直ぐに練習を開始。だったのですが、何とか音階はオクターブくらいは吹ける様になったものの、唇が切れたり、腫れたり、特に高い音が出せずに撃沈。次第にあんなにあった情熱もあせて、結局、家族以外の誰かに披露する機会も無いままお蔵入りとなってしまいました。もしも、あのトランペットが吹けたなら、モテたかもしれないなあ。

Page Top